Mitsuko.Maedaのボタニカル・アート展

 

ノササゲ

長さ3mほどにもなるツル性の多年草で半日陰になる林縁によく生育している。大きな特徴はマメ果の色が濃紫色に熟すこと。マメ果はやや細長く長さ5cmほどになる。食用になササゲ(マメ科)に似ていて野に生えることからその名がついた。


 

カラスウリ

林や藪の草木に絡みついて成長する。雄株と雌株と分かれて雌株にのみ直径5〜7cm卵型形状の果実をつける。名称からカラスが好んで食べるものではない。

 

クヌギ

ブナ科の落葉高木で樹高は15m〜20mになる。葉は長楕円形で周囲に鋭い鋸歯が並び薄いが硬く表面にはつやがある。実はどんぐりで直径2cmほぼ球形。半分は椀型の殻斗に包まれている。

 

カキ

おなじみの柿で甘柿と渋柿がある。甘柿は渋柿の突然変異種。渋柿は硬いうちは渋いが熟すると甘くなる。今は温暖な世界中で栽培されているが18世紀から19世紀にかけて日本からヨーロッパやアメリカに伝わった。ヨーロッパの市場でも"kaki"の名で売られている。

 

サンショウ(山椒)

山の香りとピリリと辛味のある香辛料としての山椒の葉と枝。
左からサンショウ、カラスザンショウ、イヌザンショウ、フユザンショウ。サンショウの葉は「木の芽」としても食べられる。雑木林に入ればどこにでも見られ雄株と雌株があり実が着くのは雌株。


 

サザンカ(山茶花)

サザンカは冬の寒い時期に咲く花。戦前からある童謡「たきび」の”さざんかさざんかさいたみち、たきびだたきびだおちばたき”と歌詞にもある。ツバキ属ツバキ科でツバキと間違われやすい。晩秋から冬にかけての10月から2月に咲くがツバキは12月から4月で遅く咲く。見分け方は難しい。「もっと詳しく」を参照。


 
ボタニカル・アートとは

 

植物学的な絵画

ボタニカル・アートとは植物学的な絵画のことで植物図鑑の絵がそうです。花や葉の形は正確に季節はひとつにまとめ余分なものは描かないのが基本です。

 

自然志向静かなブーム

日頃レストランやホテルの絵としてまた食器の絵柄にも使われている絵画の確立しているジャンルの一つです。植物をありのままで楽しむことができ自然志向の流れの中で静かなブームとなっています。

 

標本としても

また同じ植物の表現の仕方で写真と大きく異なるのはその植物の特徴をつかんで立体的に描いています。したがって植物の標本としても利用されています。 
 

アートを楽しむ

「お日の森くらぶ」会員のMs.Maedaさんは自然観察や散歩中に見つけた植物をボタニカル・アートに描き上げて楽しんでいます。
右の作品はその中のいくつかをお借りしてホームページで公開させていただきました。
これから順次アップして行く予定です。ぜひご期待ください。
 

もっと詳しくは

wikipediaを参照してください。